スポンサーリンク


文明の利器は、このような形でも 命を救うことに繋がっているのだと思いました。

さくら

-
ウチの夫は4年前までガラケーだったんですが
機種変更をする時に
料金プランの関係か何かで
スマホにした方が安くなりますよ・・と言われ
渋々、スマホに変更して

カリブラコア

最初の頃は、「ここはどうしたらいいんだ。」「これはわからん!」と
ぶつぶつ言いながら扱っていましたが
しばらくして慣れてくると
時間があれば、好きな音楽を聴いたり
フェイスブックを覗いたり
LINEグループ作ったりして(←還暦つながりなのか・・)

今では、ソファーに座ると即スマホをいじってる感じで
「そんなに下を向いてばかりいると
首が痛くなるし、目も疲れて老眼が進むよ!」と
つい先日も言ってしまったんで

夫が家にいる間は
すぐに手が届かないところにスマホを置いておこうかな
なんて思ったりもしたんですが

ふと・・一昨年の今頃
夫が毎日スマホで保護猫の写真を見ていた頃に
遠く離れたセンターにいたにゃんを見て
期限7日、6日、5日・・・0日になって
居ても立ってもいられなくなり
私に内緒で面会の申し出をしたことを思い出したんです。

あの時、もしも夫がガラケーだったら
たぶん、夫はにゃんの写真を見る機会はなかった・・

それともう一つ・・
夫は、猫を飼いたいとは言っていたけど
にゃんがいたセンターは家から車で2時間の距離なので
今のようにインターネットが普及していない時代だったら
にゃんとめぐり会うことはことはなかった・・

にゃん 

文明の利器・・は、このような形でも
命を救うことに繋がっているのだと思いました。

そんなわけで・・(というわけでもないんですが←どっちだ・・)
夫のスマホは、今日もいつものところに。

首と目が悪くならない程度に見てください・・ということで
これにて一件落着・・となりました。

拍手コメント、ありがとうございます。m(__)m
お返事を書いております。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

       

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
       

・・・・・・スポンサーリンク




Posted byさくら