スポンサーリンク


50代半ばの庭づくり・・老後を考えて地植えと鉢植えに分けた理由。

さくら

-
今年の6月の上旬までは
一季咲のバラたちが庭の狭いスペースに並んでいました

私の本当の気持ちは
そのままずっと地植えに・・
別の場所に植え替えてもずっと地植えのまま、
できれば、つるバラのピンククラウドゴールデンシャワーのように
アーチやトレリスで、もっとのびのびと這わせてあげたかったのですが

私も今年に入って50代の半ばになり
今は、まだ元気なので
毎日の水やりや庭の手入れが思うようにできますが
これからのことを考えて
そろそろ庭の植物たちの手入れがしやすいように
20種類近くのバラたちを
地植えと鉢植えに分けることにしました。

20180810バラ

そう考え始めたのは
うちの二人の子供たちは遠くで自分たちの家を持つと
数年前に、ほぼ決まり
17年前に建てたこの家に住むのは、私たち夫婦で終わることに。

最後の最期まで元気で・・
この家で夫婦二人で暮らせればよいのですが
いつの日か、どちらか1人になったり、介護が必要になって住み替え・・
もしも施設や高齢者住宅などに引っ越さなければならなくなったら
この庭の植物たちはどうなってしまうんだろう・・そう思ったんですね。

なので、50代半ばの、まだ体力のあるうちに
見た目は今までとそう変わらない庭だけど
もしも、何かがあったとしても 庭が荒れないように・・
違った意味で少しずつ手を加えていきたいなと思いました。

大好きなバラたちは、つるバラ2本とサラバンド以外は全て鉢植えに。
こうしていれば、その時の花のつき具合でいろんな場所に移動できるし
明日、私にもしものことがあっても、鉢植えなら(大きいのもあるけど)
たぶん、きっと、バラの好きな方がもらってくれるかも・・そう信じて・・。(^^)

花壇は完全に挿し木スペースに。

20180810挿し木1

今はこんなに小さいけれど
2年ほどでこちらの写真の2枚目のようになります。

20180810挿し木3

こちらの挿し木には蕾が見えます。
もう少ししたら桃のようなピンク色の花が咲きます。

向かって右上の葉っぱ付きの小さな枝には

20180810挿し木5

赤い矢印のこんなところから新しい芽が出ています。

20180810挿し木6

6月に病気と虫くいで、全部の葉を落としたパヴィヨン・ドウ・プレイニーは

20180810パヴィヨン

その後、また元気になってきました。

20180810パヴィヨン

私が好きなパヴィヨン・ドウ・プレイニー。
秋には、また綺麗に咲いてくれるといいなと思っています。

パヴィヨン

拍手コメント、ありがとうございます。m(__)m
お返事を書いております。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

       

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
       

・・・・・・スポンサーリンク




Posted byさくら