スポンサーリンク


夫の話しから思ったことと・・折れていた歯のこと

さくら

-
昨日の続きです。

夫が言ったのは・・

昔、飼っていた猫は、遊んで欲しかったり
甘えてすり寄ってきた後に
手や顔をペロっと舐めていたけど
にゃんは、舌で舐めることがないよね。

たぶん遊んで欲しい気持ちで寄ってきて
こちらが手を出すと、最初は頭をすりすりしてくるけど
ペロッと舐めるんじゃなくていきなり嚙んで
甘噛みのつもりが、どこかでスイッチが入ったようになって
グイッて本気になってしまう。

そんな時はすぐにポンって離してくださいって
センターでも言われたからそうしているけど
にゃんの場合は、その後すぐに今度は足や別のところを嚙んでくる・・

これは推測だけど
やっぱりにゃんは早いうちから親や兄弟と離れたんだろうな。
動物は、しばらくの間は親や兄弟と一緒にいることで
その動物なりの躾をされるっていうから・・

それを聞いた時に、私も昨日書いたように
昔飼っていたタマと子供たちのことを思い出したんですね。

でも、にゃんの生い立ちがそうだったとしても
飼い猫であった時期がどんなだったのか
そして野良だった時も

実は、にゃんの歯・・犬だと犬歯だけど猫も?
牙のように尖っている歯がありますよね。
1本が真ん中から折れているんです。

これも不思議で・・。
強い力がかかれば抜けていたんじゃないかと思うんですが
折れている・・まだ若いのに・・

ここでまた、野良猫だった時に
何かあったのではないかと思ってしまったんです。
(まさか人間に意地悪された?)

一番最初に見た時は、人懐っこい猫なんだなっていう印象だったにゃん。
甘えた声を出す時もあるし、すり寄ってくる時もある
膝の上に乗ってくる時もある。

でも・・
突然、スイッチが切り換わったように嚙んだり
背中の毛を立てて、シッポを2倍ぐらいに大きくして
私たちを威嚇する時もある・・
(だけど、今までに「シャーッ」と言ったことはありません。)

私は、にゃんの本当の性格は
最初に面会に行った時のままの
人懐こい男の子だと思うんです。

いつかは、きっと、にゃんのことがわかる日がくる
そう思いながら毎日過ごしていますが・・。(^^;

にゃんが話せたらいいのに。
そうしたら気持ちが聞けるのにって
そう思ってしまう自分がいます。

こんな内容が続いてしまいましたが
このことは私たち家族とにゃんが
これからも向き合っていかないといけないこと
それもわかっていますが

正直、たまに「もう~・・。」って思ってしまう時もあります。
でも、私たち夫婦はにゃんのことが大好きです。

バラ

これからもずっと・・。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

       

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
       

・・・・・・スポンサーリンク




Posted byさくら