スポンサーリンク


音楽が好きで楽しくて、心の支えだったのに・・

さくら

-
日曜よる9時からのドラマ『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』を
毎週楽しみにしている私ですが
音楽と共に父と娘、家族との関係も気になって
昨夜の5話(第5楽章・思春期な娘の家出と初恋)では
娘がバイオリンをやめてしまった理由が語られた時に
たぶん、それは音楽の道に進もうと思って頑張ってきた人たちが
これから先もずっと進んでいけるのだろうか、進んだとしてもやっていけるのだろうかと
悩んで苦しむ道のりなのだろうか・・・
自分の娘のことを振り返った時に胸がチクリと痛みました。

ピアノ


娘が進路を変えたのは15歳になる前でした。
いろいろありましたが昨日のドラマを観ていて
弟がお姉ちゃんの当時の様子を淡々と話していた中で
それまで順調に進んで上位で結果をだせていたのに
次第にコンクールで勝てなくなってくる・・その部分が当時の自分の娘と重なってしまい
上にいけば、もっとその上、もっともっと上の人がいて
今よりどれだけ練習を積んだら追いつけるのか
朝から晩までやってもそこに行き着けるかどうかもわからない
ピアノを弾くことが好きで楽しくて心の支えだったはずなのに
与えられたコンクールの課題曲に取り組む日々の中で
段々と心が渇いていたような状態だったのではないかと・・
私はその時には気がつかなかったのですが
娘の気持ちはやはりそれに近いものがあったようで
それを娘の口から初めて聞いたのは昨年の4月に私が東京に行った時でした。

そうなんです・・13年経ってからなんですよ。
人にはいろんなタイプがあって
自分の胸の内をすぐに出せる人もいるけど
その逆で胸の中にギュッと閉じ込めてしまう人もいる。
その後、娘は音楽のジャンルを変えて大学生になって活動を始めましたが
そこでまた音楽を通して家族間でちょっといろいろあって
ドラマに似た父と娘の関係になってしまったので
娘役の芦田愛菜さんの演技を見ていると、当時を思い出してしまいます。

これから先、ドラマはどんな展開になっていくのかわかりませんが
ラストはきっと父と娘が昔のように笑いあえて
家族も、そのまわりのみんなもハッピーになれる・・・そう願いながら
また来週も楽しみにしたいと思っています。

そして私ですが・・
忙しいながらも毎日少しでもピアノに向かうようにしています。
ドビュッシーのアラベスク1番、あと少しで3分の2までいきそう・・。
昨日、夫からちょっと(いや、かなり)きついこと言われて
ムッとしてしまったので楽譜を持って2階のピアノで1時間半練習したら
ビックリ、今日はその部分が思いのほか綺麗に弾けていたので
できることなら毎日1時間ずつ集中して練習できたら早く進むのではないかなと思いました。
(でも、今は無理なので焦らず頑張ります。)

にゃんとピアノ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

       

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
       

・・・・・・スポンサーリンク




Posted byさくら