スポンサーリンク


アルツハイマー型認知症でした。

さくら

-
昨日の午後に検査の結果が出たので病院に行ってきました。

ビオラ


帰宅したのは18時過ぎで外はもう暗くなっていて
バス停から歩いて帰って玄関を開けると、にゃんがリビングのドアに貼りついて鳴いていました。
出張中の夫に電話をかけて相談をしたり冷たくなった洗濯物を取り込んだりしながら
翌日に相談、連絡する機関のことを考えました。
今日はいろんなところへの連絡、折り返し待ちで朝から電話の前から離れられない状態です。

そんなこんなでゆっくりとブログを書けないので
今日は結果報告だけしますね。


長谷川式の検査結果では記憶をつかさどる海馬に異常がみられるようでした。
MRIでは脳の萎縮がかなり進んでいて、同じような症状で受診してある患者さんよりも
その数値がかなり高いことがわかりました。
お二人の先生のダブルチェックの結果、アルツハイマー型認知症という診断が出ました。
このまま同居するのは難しいレベルなので薬を使いながらいずれは施設への入所をすすめられました。

ゴミ箱から汚れたビニール袋を出して使おうとしたり
母の部屋に箱ティッシュを置いているのにリビングやキッチンにきて
赤ちゃんのようにティッシュをたくさん出してそれをちぎってポケットに詰めたり
トイレからトイレットペーパーをホルダーから外してまるごと持って行ったり
食べた後の食器は洗わなくていいからと言っているのに油がついたまま
水洗いだけで食器かごに入れたり、床にはコップの水がこぼれているだけじゃなくて
昨日の朝はジャムが落ちていたのに気がつかないでスリッパで踏んでそのまま歩き回って
リビングまでベタベタになっていました。
お風呂に入らなくても下着だけは替えてと言ってもずっとそのまま・・。
これだけ書いてもまだごく一部なんですが
「それはやめて。」「しないで。」そう言うと怒りだすようになったので
私も覚悟はしていたんですが、実際に結果を聞いてそこまで酷くなっていたことにショックを受けました。

入院中は物忘れが多い程度で普通のおばあちゃんと周りから見られていたのは
たぶん、リハビリ以外は動くことがなかったし自分で何かをすることがなかったからだと思います。
いつから脳の萎縮が始まっていたのかはわかりませんが
入院期間が長かったのでその間に一気に進んでしまったのかもしれません。

今日もこれからいろいろと動かなくてはならないので
ここまでしか書けませんが、みなさんが心配してくださってたくさん励ましてくださったので
簡単ですが、ご報告だけさせていただきますね。

また時間ができたら書きます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

       

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
       

・・・・・・スポンサーリンク




Posted byさくら