スポンサーリンク


自分が幸せな気持ちでいないと 人を幸せにすることはできないんだよ・・と言われて

さくら

-
昨日の「でも・・」の次には
こんな言葉がありました。

さくらは家族だから
家族と思っているから、あの時は仕事が終わって
ふっと気持ちが緩んで
そんな風に言ってしまったんだと思う。
でも、嫌な思いをさせてしまったのは悪かったと思う。

そして、ダメ妻なんて思ってないし
さくらは自分なりに一生懸命頑張ってるよ。
でも、さくらはいつも誰かのためにって考えすぎていると思う。
子供のこともオレのことも、ちゃんとしなきゃって
自分のことより人のことばかり考えてる。
そして、それがうまくいかなかったら
いつも自分を責めてる。

まずは自分が幸せにならないといけないんだよ。
自分がしあわせな気持ちでいないと
人を幸せにすることはできないんだから・・

子供たちもそれぞれの人生を歩き始めて
もう、親としてもう何もしてやれることはないのだから
これから先は子供に迷惑をかけないように
二人で生きていかないといけないよね。

それを聞いた時に、私は自分で自分を
追いつめていたんだと思いました。

たぶん夫はそんなに変わっていなかったのに
この5年近くの間、私だけが環境の変化(退職、更年期、子供の独立)に
ついていけず
精神的に脆くなっていたことに気がついたのです。

でも、それがわかったものの
このフヨフヨな気持ち・・急には元に戻れない。
はにわのように腫れあがった瞼のまま
「私、どうしたらいいんだろう・・。」←思考回路が停止状態・・

すると、夫がこう言いました・・

この前みたいに、小さなビニールのポットの中で
カラカラになって枯れそうなバラの苗を見つけたら
家に連れて帰って(買ってきて)元気にしてあげたらいい。
しばらくの間は余計なことを考えずに
花が咲くようにってそれだけを一番に思っていたらいい。

夫からそんな言葉が出てくるとは思わなかったので
ビックリしたのですが、その時はそう言わせてしまうほど
私は精神的に「ちょっといかんな・・。」って思われたのかもしれません。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

       

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
       

・・・・・・スポンサーリンク




Posted byさくら