スポンサーリンク


コキアが教えてくれたこと・・

さくら

-
昨年の夏の終わりに1株のコキアを庭に植えていたら
秋に紅葉した後に、種が落ちていたみたいで(下は↓今年4月の写真)
          コキア

5月になると、こんな風に発芽して繁殖してかたまっていたので
1株ずつ分けてプランターと地植えにしていました。

それから2ヶ月経つと、更に大きくなったので
このままでは窮屈すぎてすぐに水切れしてしまうだろうな・・
でも、この夏の暑さで植え替えなんかしたら、かえって弱ってしまうかもしれない・・
そう思ったのですが、どちらにもリスクがあるのなら
こぼれ種からここまで大きくなったコキアたちが
今よりも快適に過ごせるように、そしてもっと大きくなれるように
思い切って植え替えをしたのです。
それも、にゃんが入院した数日後に。

植え替えたその数十分後から、緑色の細い葉は
まるで枝垂れ柳のように垂れ下がってしまい
すぐに水をかけましたが、起き上がりませんでした。
翌日も、翌日も、1日に何度も水をかけましたが弱々しく葉が垂れたまま。

暑い中の植え替えには、やはり無理があったのか・・
土から掘り出す時に、私が根を傷つけたのかもしれない・・
狭い場所に置いていた方がコキアにとっては幸せだったのだろうか・・
自分のやってしまったことに後悔しながらも、諦めずに毎日
コキアだけは水やりの回数を増やしていました。

すると・・
コキア2
シャキッ・・・
コキア3

そして、こちらは数本、間隔をあけて移植した鉢植え。
コキア1

信じられないほど元気になりました。

垂れていた葉がピンと伸びたコキアを見た時に
どんな過酷な状況でも
生きているものには回復しようとする力が備わっているのだと思いました。

にゃんも今、自分の中に残っているその力で頑張っているのだと思います。
我が家の庭のコキアのように、にゃんも回復する・・
きっと、きっと、元気になる・・
私は今日も信じています。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

       

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
       

・・・・・・スポンサーリンク




Posted byさくら