スポンサーリンク


後悔したくないから・・

さくら

-
娘が関東に戻る日(昨日)の朝
まだ蕾ばかりだった庭のバラが1つだけ、綺麗に咲いていました。

つるバラ

この日、夫にはどうしても外せない用事が入ってしまい
車では送ることができなくなりました。
なので、娘はJRと地下鉄を乗り継いで空港まで向かうことになり
予定していたよりも早く家を出発することに・・。

それを知った私は、少し不安がありながらも
前日の夕方に思い切って娘に聞いてみました。
「怪我をしてから、まだ一度も1人で電車やバスに乗っていないけど、空港まで見送りに行ってもいい?
もし、足手まといになって遅れそうになって、急がなきゃいけない時は、途中でお母さんをおいて行っていいから。」
言ってしまった後に、「ああ、やっぱり言わなきゃよかったかな。これがウザイ母親ってことなのかな・・。」
そんなことを思っていたら
「それなら1本早い電車で行くから大丈夫だよ。」と言ってくれたので
昨日は無事に・・それも、1年半ぶりに公共の交通機関を使って移動した私でした。

娘が一緒だったので、行きは思ったよりもスムーズに、躓くことなく歩けて
帰りは1人なので、微妙な段差があるところをしっかりと覚えて滑らないように、転ばないように・・。
空港に着くと、ホッとしたのか気が緩んで、急に寂しさが押し寄せてきましたが
「ダメだぞ!今日は笑顔だ!」と気持ちを切り替えて、お店でお土産を選んで
余裕をもって、早めに軽い昼食をとりました。

この時、いろんな話をしたのですが
娘が戻る前に、どうしても伝えておきたかったことがありました。
おかあさんがやっていること、時になんだかなぁ(うざい?)ってことがあると思うけど
一昨年、思いがけない怪我をして2回手術して、お父さんも入院したり手術して
明日、明後日、来週、1ヶ月後、半年後・・人生、本当に何が起こるかわからないって思って
おまけに世界中でコロナが広がって、緊急事態宣言が出て会えなくなって
もしかしたら、このままずっと会えないままになってしまうんだろうかって思う時もあったのね。
だから、これからは、自分がこうしたいって思ったら
あとで後悔しないように思い切ってやろうって・・そう思ったの。
だから今日も空港まで一緒に行って見送りたいと思った。
この1週間、楽しくて素敵な時間をありがとう・・・とここまで言ったところで
あー、また目からちょろちょろと汗が出てくるじゃないですか~~~~~

そして、ハッと気がつけば予定の時間が近づいていたので、急いでお店の会計を済ませ、搭乗ゲートに向かって
「またいつか会えるといいね。元気でね。」と笑顔で言ったら
「できれば、今年中にもう1回帰ってくる・・。」そんな言葉を残して
いつものように、1度も後ろを振り返ることなくゲートを通って行きました。
(普通は、ここで何度か振り返る人が多いですよね。↑娘は昔からこんな感じなんです。

娘と過ごした1週間は、毎日が晴れのお天気でしたが
こちらに帰ってきた時と戻っていく時は雨。
空が私の代わりに泣いてくれたのかもしれません。

なぜかというと・・
娘が
次に帰ってくる予定を
私に直接、それもこんな形で言ってくれたのは
初めてのことだったので・・ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

       

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
       

・・・・・・スポンサーリンク




Posted byさくら