スポンサーリンク


これからも遠慮しないでおかあさんに伝えてね。

さくら

-
抱っこが嫌い、触られるのが嫌い、
でも、寒い時やちょっと寂しくなった時だけ
しれ~~っとやってきて膝の上にちょこんと乗ってくる
ウチの猫なんですが・・

にゃん1

保護猫で推定3歳までは、どこでどうしていたのかもわからないし
センターーでは目の手術もしたらしいし、歯も折れてるし
いろんなトラウマもあるだろうから
未だに心がモヤモヤザワザワする時もあるんだろうなぁ・・そう思っていますが

先月から、ちょっとした変化が出てきたんです。
午後からと夜の2回ぐらいかな、ご飯でもなく、ちゅうちゅう遊びでもないのに
私の足元から離れなかったり、パソコンをしていたりピアノを弾いていたら
肩の上に乗ってきて(←まるで鳥状態、でも猫は5.6キロ)下りないんです。

こうなると、もう何もできないので、思い当たることを全てやってみたら
それが何の要求なのか・・・・やっとわかりました。

「体の毛をブラッシングして、首筋をコチョコチョと手で触って欲しいんだニャ!」

にゃん2

15分から20分ぐらいの間、そうしてあげると満足するのか
その後は自分からスッとコタツの中に入るんです。
今もそれが毎日続いているんですが
ご飯と遊び以外で、にゃんの方から私に対して
「こうして欲しいんだニャ!」と意思表示してくれるようになったことが
本当に、とても嬉しくて、また1つ、わかり合えたような気がして・・

人間と猫という間柄ですが、一緒に暮らしていく月日の流れの中で
本当の親子になりつつあるのかな・・・なんて
ちょっと思ったりしています。

クリスマスローズ

にゃん、これからも
「こうして欲しいニャ。」「こう思ってるニャ。」って
遠慮しないでおかあさんに伝えてね。 にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

       

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
       

・・・・・・スポンサーリンク




Posted byさくら