スポンサーリンク


まだ先は長い・・それで終わりということではないんだと思いました。

さくら

-
予約していた通院を先延ばしにしなくて良かった・・
それが何だったのかというと

フォーエバーローズ

昨年の1回目の手術後からはリハビリセンターで
退院してからは自宅でも
椅子に座って床についた足先を上に向かって上げる訓練をやっていましたが
あの頃と比べると、今はだいぶ歩けるようになって
まだ完全ではないですが、四頭筋も少し強くなってきていたので
以前のように、これをやらなきゃ先が大変だ・・という状態も通り過ぎて
座って膝から足先までを上げることに対しては、それほど意識しなくなっていたんです。

でも、、3日前ぐらいに、ふと
そういえば、最近(2回目の手術の後から)は
座って右足を上げていくリハビリをやっていなかったな・・
ちょっとやってみようか、そう思って右膝から下をゆっくり上げていくと

ガリガリガリ・・ギリギリギリ・・ガリッ、ギシギシ・・
小さいですが、そんな音が膝から聞こえてきて
違和感を感じると共に、膝に手を当てると
足を上げていくと、ガリガリの音と一緒に手にもその振動が・・。

夫に相談すると、関節だから機械と一緒で
ずっと動かしていなかったから油が無くなって動きが悪くなっているんじゃない?
動かさないと余計に固まるから、動かした方がいいと思うよと言ったので
あー、本当、そうだよね、それじゃ、これからまた
この訓練をしっかりやった方がいいよね…で、私もそう思って
お風呂に入る前と後に、椅子に座って足(膝から下)の上げ下げをしていたんです。

ところが・・・これが今の私には大間違いだったそうで
昨日、先生に、このことを話したら
関節には曲がりが良くなるような潤滑油の袋があるらしいのですが
私の場合は、バラバラ骨折で1回目の手術でピンとワイヤーで固定し
2回目はそれを外したわけですが、手術の際にどうしても潤滑油の袋まで
切れてしまって、今は油があまりない状態なので
その方向に動かすとギシギシと音がして違和感がある・・ということなんです。
なので、もうしばらくの間は、椅子に座って足を上げる動作はしないほうがいい
今のところは水が溜まっていないので大丈夫だけど
この先で、悪くなってはいけないから・・というわけで、
マッサージ用の外用薬とこれから自宅でどのようにリハビリをしたら良いのかを
教えていただきました。

これは私の場合なんですが
今はちゃんと立って、ゆっくりですが歩けて、仰向けになった時にも
膝から下はきちんと伸びているので、膝から音がでるような状態では
その動作は無理にはしない(伸ばさない)ことと
今は、膝を曲げる訓練の方が大事で
それを続けることで、いつか膝まわりの突っ張り感や違和感、
今のぎこちない歩き方も変わってくるので
今回教えた2つのリハビリを頑張ってねと言われました。

それを聞いて、ちょっとヒヤッとしたと言いますか
素人考えであのまま続けなくて良かった・・
予約日通りに受診して良かった・・
そして、今回の2回の手術で
やはり、メスを入れるということは骨の治療をする、
それだけではなくて、そのまわりにあるいろんなもの
例えば、神経や潤滑油の役割をするものが入っている袋
そういったところまで切れてしまうので
骨がくっつけば、それで終わり(すぐに歩けるようになる)というわけではないんだと・・

実は、私・・過去に2回、別の部位を骨折したことがあるんですが
(でも、骨密度は50代の今でも20~30代と同じぐらい丈夫なんです。)
そのどちらも3ヶ月以内には痛みも違和感もなく
普通に日常生活(仕事も)できたので
今回の粉砕骨折、しかも膝というのは
本当に大変なことだったんだと改めて感じました。

次回の通院は3週間後なので
無理をしない程度に、リハビリを頑張りたいと思います。(^^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

       

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
       

・・・・・・スポンサーリンク




Posted byさくら