スポンサーリンク


会えないけど・・娘のおかげで

さくら

-
残念だけど、落ち着いたらまたスケジュールを組んで帰るから。
お土産に用意していたお菓子だけ送るね・・と
昨日、娘からLINEが入りました。

4月に帰省する予定だったんですが
やはり、新型コロナの影響は大きくて
不要不急の外出は自粛するように・・
それが続いている今、動くわけにはいかない・・全くその通りです。

うちの子供たち2人は幼い頃に喘息があって(小学生の間)
発作の後には肺炎を併発して何度も入退院していたことがあるので
離れていると顔が見えないぶん、心配な気持ちが大きかったのですが
しばらくの間は在宅で仕事ができるようになったと聞いて
私も少しホッとしました。

前にも書きましたが、離れていても
娘が元気でいてくれれば、それだけで私たちも頑張れます。
そして、本当なら娘が帰省した時に
つい最近わかった大事なことを話したかったのですが
帰省できなくなって、今度はいつ会えるかわからないので(コロナが終息するまで)
昨日、大まかに伝えたら
夫の体のことをとても心配しながらも
性格と仕事柄なのか、いつも通りに最後まで普通に話せたので
早めに娘に伝えられてよかったと思いました。

そして、今朝、驚いたというか
私の力なんてこんなものだったのか・・と思ったことがありました。
妻である私が何度も頼むように言っても、時には怒ってみても
あれこれと言い訳ばかりしていた夫が
昨日、娘がお父さんのことをとても心配していた・・
それがすごくわかったみたいで
たぶん、これからもずっと元気でいるぞ!って思ったのか
元気でいるためにやらねばならないことを
きちんとやってくれました。
これをやらなければ、今は元気でも先はわからない・・
この1日が大事な未来(老後?)への1歩なのです。

こんなに近くにいる妻よりも
遠くにいる娘からのエールは夫の胸に響くんだなぁ・・
そんなことを思った私でしたが
娘のおかげで私の凹みも少しずつ平らになりつつあります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな幸せのある暮らしへ

       

・・・・・・スポンサーリンク



関連記事
       

・・・・・・スポンサーリンク




Posted byさくら