スポンサードリンク


昨日、ブログを書いている時までは
気持ちの整理ができていなかったのですが

その後、部屋の掃除をしながら
お盆前の家の中の状態に戻したら
さあ、私も頑張らなきゃ!という気持ちになって

夕方がくる頃には元気になっていた私・・だったんです。
そらに対する気持ち
空港での抑えきれなかった私の涙。

やはりあれは寂しさじゃなくて(でも、寂しさも少しあります)
一番大きかったのは何だったのか
それは1つ、2つではないけど
そして、親子の間は、今すぐにどうなるものでもないけど
私の心の中にあった
親として子供に対する気持ちに
やっと1つの「けじめ」がついたような気がしたのです。

子供が何でも1人でできるように
早い自立を・・そう思ってドライに接してきたつもりだったけど
心の奥底では、ものすごく心配したり気にかけすぎていたかもしれない。
もうとっくの昔に子離れしている・・って思っていたけれど
それは表面的なものだけであって

そらが言葉に出さない部分を
全面的に信じることができていなかったのかも・・そう思ったんです。

正直、今もそらのこと・・
よくわからない部分はあります。

でも、この前の夫の出張・・
そして一昨日の話しの中で
毎朝早く起きてお弁当を作って出勤し
職場環境も良く、スキルを上げていけば
可能性がもっと広がるらしく、
今では趣味を通じての新しい友達もでき
充実した毎日を送っているという話しを聞いて

本当にそらは大丈夫なんだ。
中学時代から大学生までのいくつかの進路変更を経て
自分で選んだその道は、彼女のこれからの頑張り次第で
もっと、もっと輝いていけるんだ・・そう思うと

もう、親は必要ないんだよね・・って

あの時、駐車場で溢れ出た涙は
たぶん、きっと本当の「子離れ」の涙。
私はやっと(自分自身が)「子離れ」・・・できたんです。

「私、ピアノの先生になって、ずっとこのお家にいる。」
そう言っていた、幼稚園、小学、中学生時代・・
毎年のコンクール、発表会に向けて頑張っていた
振り返ると、一番の思い出の頃・・

「理系に進もうと思う。
でも、1人暮らしをしても遠くにはいかないよ。」
そう言っていた、高校時代・・

そして、大学生になり
自分がやりたいことは、現時点ではここでは無理
そう思っていたことが 今、胸に伝わってくる・・

そらを忘れるわけではないけど
彼女のためにも今は忘れていいんだと思いました。
一昨日、空港でそらの腕をつかんで最後に言ったコトバ。
それには頷いてくれたから
これから連絡が無かったとしても、それは元気な証拠。

愛するよりも信じる方が難しい・・

今の私は、5ヶ月前まで一緒に住んでいた時よりも
そらのことを信じている。

これからも頑張ってくれると・・心から信じています。
ラブ

この花の名前は・・・

続きを読む >>

...................................................................................

スポンサーリンク




プロフィール

さくら

Author:さくら
子供たちが社会人になり家から離れ、今は夫婦二人で暮らしています。
ささやかだけど素敵に楽しく、そんな気持ちで毎日を過ごしています。

このブログの記事
このブログの全ての記事はこちらに
このブログの全ての記事は
こちら↓からどうぞ・・。

「全ての記事を表示する」


ご訪問ありがとうございます。
メールフォーム
頂いたメールのお返事は ご本人に直接ではなく ブログの記事上で お返事することになると思いますので そこのところはご了承ください。m(__)m

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事一覧
本当の子離れ・・ Aug 18, 2017
ぼろぼろ・・な私 Aug 17, 2017
泣かないようにします。 Aug 16, 2017
私って冷たい?でも、信じているから・・ Aug 15, 2017
愛するよりも・・ Aug 14, 2017
お母さんは・・待っているからね Aug 13, 2017
私はやっぱり・・母親だから Aug 12, 2017
外壁にバラが影絵のように映る時間。そして「サラバンド」の意味 Aug 11, 2017
それが娘を自然に大人にしてくれたんだと・・今振り返るとそう思ったり・・ Aug 10, 2017
この渋滞の中、また戻るの・・ヤダーッ! Aug 09, 2017
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム